日常のあれこれ

iPhoneとApplewatch両方でSuicaを利用する2つの方法

iPhoneとApplewatch両方でSuicaを利用する2つの方法

みなさんこんにちはゆうと(yucamelife)です🙂

いきなりですがApple Watch使ってますか?

先月のアップデートでマスクをしたままiPhoneロック解除ができるようになって気になっている人がいることと思います。
(注意点としてこの機能が使えるのはseries3以降です。僕はseries2なので使用できておりません、、、(._.))

以前こちらの記事で右手につけるメリットをお伝えしたのですが、今回は使用する方が多いであろう「Suica」についてお伝えします!!
スマートウォッチは右利きでも右手につけろ!!左手につけるより優れている2つのトク

せっかくApple Watchを持つならもっと便利になりたいですよね!

そんな願いを叶えます🙌



両方でSuicaを利用する方法

さて、願いを叶えますといいましたがその方法を2つお伝えいたします!

1つ目は「モバイルSuica」を利用する方法。

2つ目は「カードの転送」を利用する方法。

これら2つの方法がありますので詳しく解説してきます!!

「モバイルSuica」を利用する方法

この方法はSuicaを2枚使用して2つの端末で利用できるようにする方法です。
こちらモバイルSuicaのトップ画面になります。

モバイルSuica

右上のプラスのボタンを押していただきますと、Suicaの発行画面になります。
この中から例えば記名式のSuicaを選んで発行手続きをします。
モバイルSuica発行

わかるように今回はApple Watchと名称をつけました。
そして1000円は初回チャージをしなければならないのでチャージ方法を選択します。
モバイルSuica

次へで進みますと、いくらチャージしますかという画面が出てきますので金額を選ぶから金額を選びます。僕は今回¥1000を選択します。
すると先程の画面で選んだ支払い方法が出てきますのでチャージをして発行完了です。
iPhoneとApplewatch両方でSuicaを利用する2つの方法

モバイルSuica

チャージができますとどのApple Payに追加しますかと聞かれますのでApple Watchを選択します。
モバイルSuica

内容を確認したら次へを押すとApple WatchへSuicaが登録完了になります。
モバイルSuica

今、どのような状態になっているかというとiPhoneにSuicaが1枚。Apple WatchにSuicaが1枚あるような状態になっています。

あくまで2枚のSuicaを利用しておりますので、iPhoneのSuicaにチャージをしてもApple Watch側のSuicaにはチャージはされていません。
ですので、1枚は通勤用、もう1枚はプライベート用など使い分けながらの使用になると思います。

僕のおすすめの使用方法としましては、 Apple Watch側のSuicaをメインとして使い、つけてくるのを忘れた!!って時にiPhoneのSuicaを緊急用として使用するのがおすすめです🙂



「カードの転送」を利用する方法

この方法は、カードはあくまで1枚でiPhoneと Apple Watch間をSuicaが移動するような利用方法です。

まず、iPhoneのWatchアプリを開きます。
その中で「WalletとApple Pay」という項目がありますのでそちらを開きます。

Warchアプリ
そちらを開きますとiPhone上にあるカードが表示されますのでそちらの追加ボタンを押します。
Warchアプリ
するとカードを転送という画面が出てきますので次へを押すとApple Watch側に転送されてiPhone上からSuicaがなくなります。
(僕の場合2枚あるのでややこしくてすみません、、、)
Apple Pay間のSuica移動

アクティベートが終わると残高が表示され移動が完了します。
iPhoneとApplewatch両方でSuicaを利用する2つの方法
これてApple WatchでSuicaを利用することができるようになりました。

ただし、この状況でApple Watchを家に忘れると、SuicaがiPhoneにありませんので改札を通ることができません。
必ずSuicaが入ってる端末を持ち歩きましょう。

このSuicaをiPhoneでまた使いたいなとなったときは、移動したいSuicaをタップして開きます。
下にスクロールすると、iPhoneにカードを追加という項目がありますのでそちらを押します。
Suicaの移動
するとカードを転送という見たことがある画面ができてますので次へを押すと転送が完了して、iPhoneで使用をすることができるようになります。

これが1枚でiPhoneとApple Watchを使用することができます。

これのメリットとしてはSuicaの金額が分散しないので、何にいくら使ったのかというのを把握しやすなるのかなと思います。




まとめ

今回2つの方法をお話ししましたが、いかがだったでしょうか。

僕個人的におすすめなのは2つのSuicaを作ってしまうことです。

まぁ僕自身がめんどくさがりであることが原因だと思いますが笑

どちらにせよ、Apple Watchを利用することはメリットが多いと思いますので参考にしていただけると嬉しいです☺️

それではまた👋

ブログランキングに参加しています!

この記事がいいな!とか写真素敵だな!って思った人は上のURLもしくは下のバナーを押してくれるとめちゃ嬉しいです🙌

すきよび - にほんブログ村

ブログサークル用
ブロトピ:ブログを更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!