読書記録

「書く習慣」読書感想。スッと心が軽くなる。自分の言葉で、自分の思うままに書こうと思えた。

こんにちは、ゆぅと(@yucamelife)です。

僕は最近、いしかわゆきさんの「書く習慣」という本を読みました。
これを手にしたのは、ブログでどんな書き方をすればよいかわからなくなっていた時。

自分の書く文章に自信が持てず、更新がなかなか出来ていませんでした。

そんな時にこの本を読んで、スッと心が軽くなり、再び書くことができるようになりました。
同じ悩みを抱えている人に届くといいなと思いこの記事で感想書きます。

最後まで見てくれよな!🙂




これを手にした時の心情

本を手にする時、自分が悩んでいる本を自然と手に取るということを聞いたことがあります。

この時の僕は、「ブログの文書はこれでいいのだろうか」「書くという行為がどうも習慣にならない」と思い悩んでいました。そしたらこの本をたまたま書店で見つけ、その場で購入しました。

本を買うまでこの「いしかわゆき」という人は一才知りません。
知らないくせに、初めの2ページを読んで購入しました。
(まんまとハメられた)

ただ、ハメられて大正解。いしかわゆきさん、最高のズボラライター。
いしかわゆき Noteプロフィール



手にして読んでみた感想

実際に読んだ感想として、「わしゃ、ちっぽけなことで悩んどったな」と思いました。

僕がこの本を読んで1番感じたのは「文章の正解は、自分じゃなく相手が決める」です。
文章の正解は相手が決めるという考えにいたった時、めちゃくちゃ心が軽くなりました。

そうです。心がスッキリスになったんです。

自分がこんな文章じゃダメだなと思うことでも、読み手にとっては心に響くこともある。

ただ、この考えって他の本でも読んでたことあったんですけど、その時はあんまりスッキリスになならなかったんですよね〜。

でも、どうしてだか、いしかわさんのはスッキリした。
なぜだと考えると、いしかわさん自身が適当には失礼かもしれんけど、適当に書いた文章で多くの読者に影響を与えている張本人だから。と。

あぁ、こんな風に自分が思ったことを書き続けていたら、こうなれるんだっていう1つの成功例というのに出会ったからだと思います。

だからこそ、僕は自分が思うがままに「書く」という行為が今できているんです。
いしかわさんのように「書く」という行為で人生を変えたいから。

実際に自分がどう変わったか

それまで1週間に1回の更新だったのが、自分の書きたいことを書こうと思って、書くと自然と5日連続とか書けるようになってました。

前までこのブログに書いてましたが、この記事を書いている今日(2022/11/21)からNoteでその簡単なことは書こうという風にしてみたのでぜひNoteも見てもらえると嬉しいです!
ゆぅと Noteプロフィール

とにかく自分がやり続けられるように。

そして、「文章の正解は相手が決める」の精神でこれからも「書く」という行為をし続けたいと思う。

それがいつか、本業とは違う仕事まで繋がると面白いななんてことを思ったりしながら。

最後に

「書く習慣」という本は、「書く」という行為を始めようかなっていう人や、続かないなっていう人にぜひ読んでほしい本です。

自分のようにスッキリスになりたい人は読んでください。
(このスッキリスは1日限定じゃないよ)

「書く」で人生を変えたいと思っているこの記事の筆者も太鼓判押しまっせ!

薄そうな太鼓判やな〜笑




ご意見・感想お待ちしています!!

最後まで見ていただきありがとうございました。

「これ好きです!」「面白かった!」などのあれば下のツイートボタンから気軽に送ってください!
自動的に記事のURLが入るので、そのまま上部に書き込めます。
褒めてもらえるとめちゃくちゃ嬉しいです!たくさん好きで繋がりましょう!

また、ブログランキングにも参加しています!
気軽にポチッと応援してもらえると嬉しいです🙂
応援する👆
よければフォローもお願いします!
すきよび - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ゆぅと
写真、本、カブ、デジモノなどについての雑記ブログ運営中。 栃木県を中心に出張カメラマンとしても活動しています。 レビュー執筆依頼、撮影依頼など受け付けておりますので、こちらのお問い合わせまたはTwitterのDMまでご連絡お願いいたします。