デジモノ

あなたのSSD実は最大性能を引き出せていないかも??覚えておかなきゃ怖いUSB-Cの世界

あなたのSSD実は最大性能を引き出せていないかも??覚えておかなきゃ怖いUSB-Cの世界

こんにちは!ゆぅと(プロフィールはこちらから)です!

写真や、動画などを多く撮る方にとって重要なデータの保存先となるであろうSSD。

有名なのはSanDiskのものが有名だと思います。



例で紹介した商品、読み込み、書き込み速度が違うだけで6000円も価値が変わってきます。
ですが、この6000円の価値を本物にするにはUSB-Cのことを知っておかないと大損することになります。

ここではみなさんが失敗をしないよう、ざっくりとUSB-Cのことについて説明していきます!

この記事はこんな人におすすめ!

・新しく速度の早いSSDを買おうとしている人
・SSDのUSB-Cのことについてざっくり知りたい人



USB-Cの種類

USB-Cにはまず5つの種類があります。

規格名転送速度(Mbps)転送速度(MB/s)
USB 2.0480Mbps約60MB/s
USB 3.1 Gen15Gbps約625MB/s
USB 3.1 Gen210Gbps約1250MB/s
USB 3.220Gbps約2500MB/s
USB4/Thunderbolt
Thunderbolt3
40Gbps約5000MB/s

ご覧の通りそれぞれの規格違いは転送速度です。

SSDなどに書かれてある「転送速度1050MB/s」というような表記のものを最大限活用しようとすると、USB 3.1 Gen2以上のUSB-Cをもつ機器、それに対応するケーブルが揃って初めて「1050MB/s」という転送速度が発揮されます。

機器だけでなく、ケーブルを揃えることを忘れないでください!
SanDiskのSSDを購入する時には付属しているものが対応しているので安心して使用できると思います。




各規格USB-C搭載Mac

よく使われるであろうApple製品については詳しくはこちらのリンクもしくは下の表からご覧ください。

規格名搭載モデル
USB 3.1 Gen1MacBook(2015〜2017)
Thunderbolt3iMac(2017),Mac mini(2018),Mac Pro(2019〜),
USB -typeA非搭載のMacBook Air/MacBook Pro
USB4/ThunderboltM1チップ搭載Mac

高価な買い物をしたのに、「アレっ?」ってなると悲しいですよね😂

そうなる方がこの記事をみて少しでも救われると嬉しいです!




ご意見・感想お待ちしています!!

最後まで見ていただきありがとうございました。

役に立てる情報をお届けしていきたいと思ってますが、「こういうことを知りたい」「ここを詳しく知りたい!」などご意見・質問あれば下のツイートボタンから気軽に送ってください!自動的に記事のURLが入るので、そのまま上部に書きこんでください。

また、「これ好きです!」「面白かった!」などの褒めてもらえるとめちゃくちゃ嬉しいです!たくさん好きで繋がりましょう!

少しでもより良いものにするためにご協力お願いいたします。




ブログランキングに参加しています!

この記事がいいな!とか写真素敵だな!って思った人は上のURLもしくは下のバナーを押してくれるとめちゃ嬉しいです🙌

応援する👆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ゆぅと
写真、本、カブ、デジモノなどについての雑記ブログ運営中。 栃木県を中心に出張カメラマンとしても活動しています。 レビュー執筆依頼、撮影依頼など受け付けておりますので、こちらのお問い合わせまたはTwitterのDMまでご連絡お願いいたします。