読書記録

初めての短編小説!「余命3000文字」を読んだ感想。読書に安らぎを求めている人は少し苦手かも?

こんにちは!恋愛小説大好きゆぅと(プロフィールはこちらから)です!

恋愛小説大好きと言っておきながら、今回は人生で初めて恋愛とは関係のない短編小説集「余命3000文字」を読みました!

初めて短編小説を読んだ感想と、どんな人にオススメなのかという2点についてお話ししていければと思います!

余命3000文字 内容

余命3000文字の内容としては下記のタイトル計26編が収録されている本です。

1.余命3000文字
2.彼氏がサバ缶になった
3.心の洗濯屋さん
4.焼き殺せよ、恋心
5.私は漢字が書けない
6.笑う橋
7.世界がそれを望んでいる
8.食べログ1.8のラーメン屋
9.終末のそれから
10.それはミミズクのせいだよ
11.影
12.骸骨倶楽部
13.おはよう、ジョン・レノン
14.向日葵が聴こえる
15.パンクシュット・スウィートオリオン・ハニーハニー
16.幼馴染証明書
17.精神年齢10歳児
18.出産拒否
19.不倫と花火
20.流れ星のお仕事
21.死人のお世話
22.何だかんだ銀座
23.大誤算
24.彼氏スイッチ
25.顔に書いてある
26.↑の先
(本書 目次引用)

どのお話も、斜めの視点から見てみたお話になっていて、いろんな人が楽しめる本になっています!

この中で気になったものがあれば、もぉすぐにでも書店に行きましょう笑



余命3000文字 読んだ感想

実際にこの26編を読んでみて、「斜めから世界を捉え、こんな捉え方ができるのか」ととても驚きました😂
読むたびに「いやぁ、なるほどね!」「その設定はおもろい!」と感じることばかりで、いろんな人が楽しめる本だなと感じました。

が、その一方で僕はこの短編集というのが少し苦手かもと思ってしまいました。

僕の本の読み方の問題なのかもしれないのですが、僕が本を読む時って30分〜1時間ぐらいガッツリ読むことがほとんどです。
それは、物語として先が気になるのもありますし、落ちつく時間というのを「読書」という時間に求めているからです。

でも、短編だとどれも5分程度で読み終えれるものがほとんどで、30分ぐらい連続して読もうと思うと題目がコロコロと変わり、ちょっと疲れちゃう感覚がありました。
隙間時間に読むことが好きな人や、長時間読んでいる中で、題目が多く変わっても大丈夫な人は何も気にすることなく読めると思います。

しかし、僕のように長時間で題目がコロコロ変わるのが苦手な人には、少し読みにくく感じるかもしれません。




まとめ

今回は「余命3000文字」という本を紹介しました!

設定がとても面白く、いろんな人が楽しめる一方で、読みにくく感じる人がいるのかもなと思いました!

ぜひ、気になる方は手にとって少し読んでみてはいかがでしょうか🙂

ご意見・感想お待ちしています!!

最後まで見ていただきありがとうございました。

「これ好きです!」「面白かった!」などのあれば下のツイートボタンから気軽に送ってください!
自動的に記事のURLが入るので、そのまま上部に書き込めます。
褒めてもらえるとめちゃくちゃ嬉しいです!たくさん好きで繋がりましょう!

少しでもより良いものにするためにご協力お願いいたします。

また、ブログランキングにも参加しています!

気軽にポチッと応援してもらえると嬉しいです🙂

応援する👆

よければフォローもお願いします!

すきよび - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ゆぅと
写真、本、カブ、デジモノなどについての雑記ブログ運営中。 栃木県を中心に出張カメラマンとしても活動しています。 レビュー執筆依頼、撮影依頼など受け付けておりますので、こちらのお問い合わせまたはTwitterのDMまでご連絡お願いいたします。